This is default featured post 3 title

This is default featured post 3 title

To set your featured posts, please go to your theme options page in wp-admin. You can also disable the featured posts slideshow from certain parts of your site if you don't wish to display them.

トヨタbBと旅へ出る

九州はうまいものが多い。他の地域にももちろん溢れているが、九州には九州のうまいものがある。せっかく九州にいるのなら、その恵みをしっかりと味わいたい。

せっかく手元にはbBがある。今までは足がなく行動範囲は限られていたが、今なら時間さえ許せばある程度の自由は利く。ならば楽しもう。

起伏に富む九州の地形・・・というよりも日本の地形が概ねそうなのだが、アメリカン的な広大な平野は少なく、自然と車はコンパクト性が求められた。

2代目のトヨタbBといえど、その性能はやはり求められたらしい。2代目bBはパッソがベースとなっている。パッソをベースとした理由は、コスト面でもそうだが、どちらかと言えば最小回転半径を意識したのかもしれない。

つまり、少しでも小回りを、という事だ。実際初代よりも縮小され、2代目bBの最小回転半径は4.9mとなっている。大きさのある乗用車でも、小回りは重要視されている。

起伏にとむ、ということは、パワーも必要という事。世界的にみても小柄な日本人ではあるが、あって困ることは少ない。

2代目bBのエンジンは1.3Lと1.5Lの2種。直列4気筒DOHC16バルブだ。排出ガスは低く抑えられているが、1.5Lはダイハツ製の当時新開発であった3SZ-VE型のエンジン。パワーだって他に見劣りする程ではないのだ。

あてのない九州を巡る旅。予定は未定。どんな状況にも対応できるように、車中泊の準備だってキッチリ整えている。愛用の枕さえあれば、どこでも寝れる。

まず目指すは大分。かぼすと鶏天、府内焼きか。