This is default featured post 3 title

This is default featured post 3 title

To set your featured posts, please go to your theme options page in wp-admin. You can also disable the featured posts slideshow from certain parts of your site if you don't wish to display them.

2代目トヨタbBを語る

その斬新なスタイルから絶大な支持を得たトヨタbB。そのbBがフルモデルチェンジされたのは2005年の12月であった。初代とフルモデルチェンジされた2代目。その違いについて語る。

なにより、外見での変化が顕著だ。初代同様、「箱」のイメージは継承しつつも、未来型、とでも言うべきか、鋭角を帯びたフロント、バックライトをはじめ、局所でデザインが変更されている。

初代bBは、個人的に「箱」というよりも、無駄に「四角」なイメージをもっていて、たしかに斬新ではあるが微妙な気持ちを持っていた。だがこのフルモデルチェンジによってより先進的なスタイルになったため、bBに対する自分の評価を改める必要が出てきた。

装備面に目を向けてみる。最上級グレードとなる「Z Q Version」では、オーディオ関連が充実しており、なんと9スピーカー、AUX端子を備えている。他のオーディオから取り込む、接続する事も可能なのも嬉しい装備だ。

この機能を最大限にいかせるのが「マッタリモード機能付フロントシート」だ。名前からしてユニーク。どういうことかといえば、シフトをPレンジに入れてるとき限定で、フロントシートが沈み込む。こうなると外から見えにくくなるため、まったり出来る姿勢で音楽を楽しめるという事だ。

ターゲットが若者、というだけあって、目線を合わせた開発になっていると感じた。

エンジ系等に目を向ける。今回、エンジン系はダイハツが担当。1.3L、1.5Lともにダイハツ製のエンジンを詰め込んだ。直列4気筒 DOHC16バルブだ。

低排出ガス性能は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取るなど高い性能を誇る。ユーザーにとってどうでもいい、かもしれないが、一人の車乗りとして環境にも気を配った車に乗りたいものだ。

その後、マイナーチェンジも行っているが、個人的にこのbBのフルモデルチェンジで特筆すべきは、最初に書き出した外見の部分であろう。

初代、といえば幅広い年齢層に受けたものの、どちらかと言えば男性指向が高い気がした。だがこのフルモデルチェンジにより、女性層も受け入れられる外装になったのではと感じている。

マジェスティ250C買取相場

初期型のマジェスティを始めてみたときは、随分カッコワルイバイクだな~と思いましたが、マジェスティ250Cあたりまで進化した頃には、これも悪くないなとか思って、つい買ってしまいました。
そんなYAMAHAマジェスティ250C買取相場を調べています。そうなんです、まだ売り値がつきそうなうちに売却してしまおうかと思ってます。